logo

ドコモ、“タッチ操作なし”の「通話スタイル」を提案--2016年夏モデルは7機種

藤井涼 (編集部)2016年05月11日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月11日、2016年夏モデルとなる新製品を発表した。スマートフォン5機種、タブレット1機種、データ通信端末1機種の全7機種となる。

NTTドコモの夏モデル7機種
NTTドコモの夏モデル7機種

 夏モデルで同社は、新たな通話スタイルである「スグ電」を提案。従来のようにタッチ操作をしないで電話をかけたり、電話を取ったりできる、ドコモのスマートフォンならではの機能だ。これまで一部のメーカーのスマートフォンには、そういった機能が搭載されていたが、夏モデルでは各社のスマートフォン4機種に共通の機能として搭載された。

 スグ電は、「発信」「応答」「切断」「拒否・消音」などの電話の基本機能が、タッチ操作をせずに利用できる。たとえば、スマートフォンを振って耳にあてるだけで指定した人に発信(左右1人ずつ登録)したり、同じく耳にあてるだけで応答できる。通話が終わったら、平らな場所にスマートフォンを裏向きで置くだけで切断できるようになった。


 そのほか、高音質通話「VoLTE」より、さらに肉声に近いクリアな音質で会話できる「VoLTE(HD+)」が夏モデルより搭載。Wi-Fiや壁紙設定、カメラ撮影のコツなど、スマートフォン初心者が端末を使う上で困ることの多いシーンで、操作状況にあわせて適切なタイミングでヒントを出す新機能「おすすめ使い方ヒント」も搭載された。

夏モデルは7機種をラインアップ

 夏モデルのスマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia X Performance SO-04H」、サムスン電子製「Galaxy S7 edge SC-02H」、シャープ製「AQUOS ZETA SH-04H」、富士通コネクテッドテクノロジーズ製「arrows SV F-03H」、LG Electronics製「Disney Mobile on docomo DM-02H」の5機種。

 Xperia X Performanceは、メタルデザインと高性能カメラが特徴のモデル。従来のガラス素材からメタルへと刷新し、Xperiaならではの上質感を演出。また、シリーズ最高の1320万画素のインカメラを搭載し自撮りをより楽しめる。ハイレゾにも対応し、臨場感のある音楽を聴くことも可能だ。6月中旬に発売予定。

「Xperia X Performance SO-04H」
「Xperia X Performance SO-04H」

 Galaxy S7 edgeは、5.5インチの大画面ながら、両面エッジデザインとラウンド型の背景設計によってスリムな持ちやすさを実現。また、ドコモスマートフォン史上最大容量の3600mAhのバッテリを搭載した。カメラには、暗い場所で動いている被写体も綺麗に撮れる「デュアルピクセルセンサー」機能を搭載した。5月19日に発売予定。

「Galaxy S7 edge SC-02H」
「Galaxy S7 edge SC-02H」

 AQUOS ZETAは、従来比2倍の描写ができるハイスピードIGZO液晶を搭載。新機能「スクロールオート」によって、ウェブページやSNSも自動でスクロールしてブラウジングできる。AQUOS史上最高の2260万画素のカメラを搭載した。「マジックグリップ」も進化し、端末を握るだけで画面のONと指紋によるロック解除が同時にできるようになった。6月上旬に発売予定。

「AQUOS ZETA SH-04H」
「AQUOS ZETA SH-04H」

 arrows SVは、米国防総省が定めた「MIL規格」を14項目クリア。防水、防じん、耐衝撃、高温、低温など、さまざまな環境でも安定して使用できる。また、アンテナ内蔵モデルのため、外出時や災害時もワンセグを綺麗に見られる。カメラにはF値2.0の高性能レンズも搭載した。6月下旬に発売予定。

「arrows SV F-03H」
「arrows SV F-03H」

 Disney Mobile on docomoは、背面イルミネーションやスワロフスキークリスタルが輝く大人かわいい女性向けのモデル。オリジナルカバーを閉じると、カバー越しにミッキーたちのグリーディングアニメーションが表示される。カメラにはオリジナルのスタンプやフレームなども搭載した。7月上旬に発売予定。

「Disney Mobile on docomo DM-02H」
「Disney Mobile on docomo DM-02H」

 タブレットは富士通コネクテッドテクノロジー製の「arrows Tab F-04H」の1機種。端末の側面にグリップを備えており、壁などに立てかけて使うことができる。MIL規格を14項目クリアしており、arrows SVと同様にアウトドアなどでも活用できる。タブレットとして世界初となる虹彩認証も搭載した。7月下旬に発売予定。

「arrows Tab F-04H」
「arrows Tab F-04H」

 データ通信端末は、Huawei製「Wi-Fi STATION HW-01H」の1機種。国内最速クラスの受診時最大370Mbpsに対応。モバイルチャージャー機能を搭載した4750mAhの大容量バッテリを備えた。約5秒の高速起動も特長だ。6月下旬に発売予定。

「Wi-Fi STATION HW-01H」
「Wi-Fi STATION HW-01H」

 このほか新サービスとして、これまで「家のあんしんパートナー」として提供していた、暮らし支援サービスを「dリビング」に刷新。電力の可視化や、生活トラブル(鍵や水)出張、家事サポート、弁護士相談などのサービスを提供する。


 「iコンシェル」も7月末から機能を拡充。家の中から家の外まで情報を網羅的に提供する。たとえば、家の中では天気や乗り換え、ルート案内、メモ登録などを音声で操作できる。グループを作って家族間でスケジュールなどを共有することも可能。家の外では、全国1万店舗のスーパーのチラシ情報や地域の行政情報(予防接種、給付金など)を得られるという。

-PR-企画特集