logo

マネーフォワード、「MFクラウド経費」と「Office 365」を連携--Excel帳票に自動転記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マネーフォワードは4月21日、日本マイクロソフトとサービス連携を開始したと発表した。第1弾として、5月よりビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」と、マイクロソフトの「Office 365」との連携ソリューションを提供する。これにより、「MFクラウド経費」で作成した経費データが、Excelで作成した帳票へと自動転記されるようになる。

「MF クラウド経費」と「Office 365 Excel」との連携イメージ
「MF クラウド経費」と「Office 365 Excel」との連携イメージ

 また、マイクロソフトのクラウド型認証基盤「Azure Active Directory」を活用することで、Office 365からMFクラウドシリーズへのシングルサインオンによるアクセスが可能になる。

 さらに、Office 365の最新機能を最大限に生かしたMFクラウドシリーズのソリューション開発を推進するため、機械学習・人工知能領域においてMicrosoft Azureを採用。MFクラウドシリーズの自動学習機能の向上を目指すという。

連携

 マネーフォワードではこれまでも、Sansanの個人向け名刺管理アプリ「Eight」と連携し、MFクラウド経費において、Eightからエクスポートした名刺情報のインポート機能を提供。また、アパート経営プラットフォーム「TATERU」を運営するインベスターズクラウドや、人材派遣会社向けスタッフ管理クラウドシステム「CROSS STAFF」を運営するアイルなどと提携し、サービスの開発やオプション利用などを推進している。

-PR-企画特集