ソニー、地震の影響で熊本テクノロジーセンターの生産を停止

加納恵 (編集部)2016年04月18日 20時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、4月14日以降に発生した熊本地震の影響により、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの熊本テクノロジーセンターの生産活動を停止していると発表した。

 熊本テクノロジーセンターは、デジタルカメラや監視カメラ向けのイメージセンサ、ディスプレイデバイスなどを生産している。現在、建屋や生産装置の被害状況は確認中だが、余震が続いていることもあり生産再開は未定としている。

 なお、スマートフォン向けイメージセンサの主力工場である、長崎県諫早市の長崎テクノロジーセンターと、大分県大分市の大分テクノロジーセンターは、地震発生後、一部の生産装置が一時停止していたが、4月17日より順次復旧し、生産を再開しているとのこと。さらに鹿児島県霧島市の鹿児島テクノロジーセンターは地震発生後も大きな影響はなく、稼働している。

 ソニーでは、地震発生時に各事業所内で勤務していた従業員に人的被害はないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加