logo

「Adobe Primetime」、日本市場で本格展開--パートナーシップを拡大 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドビシステムズ ソリューションコンサルティング本部 ソリューションコンサルタント 太田禎一氏
アドビシステムズ ソリューションコンサルティング本部 ソリューションコンサルタント 太田禎一氏

 今回のパートナーシップ強化について、アドビでソリューションコンサルティング本部 ソリューションコンサルタントを務める太田禎一氏は、「YouTubeなどの動画コンテンツ配信サービスは配信コストが必要ない反面、カスタマイズが不可能で、収益化のオプションも限定されている」と他社の特徴に言及した。

 「Primetimeは、完全にカスタマイズが可能であり、(配信事業社のビジネスモデルに応じた)多様で柔軟な収益化オプションを提供できる。そのために必要な開発統合や収益化オプションは、専門性の高いパートナーの力を借りながら提供していく。そのためのパートナーシップだ」(太田氏)

 会見では国内企業事例として、日本アニメを海外配信する「DAISUKI」が登壇した。同社は日本国内のアニメコンテンツを世界13言語にローカライズし、日本の放映30分後に配信する環境を構築している。日本からの試聴はできない。同社では7月1日からPrimetimeを導入し、収益性の高い安定した広告配信とともに、パーソナライズなどによる新サービスを提供したいとしている。

Adobe Primetimeと他社製品の比較。カスタマイズと収益化オプションが最大の差別化ポイントだ
Primetimeと他社製品の比較。カスタマイズと収益化オプションが最大の差別化ポイントだ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]