ソニー、光学25倍ズームを搭載した1.0型センサ機「RX10 III」

加納恵 (編集部)2016年04月08日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月8日、コンパクトカメラ「Cyber-shot」シリーズに、光学25倍のズームレンズを搭載した「DSC-RX10 III(M3)」(RX10 III)を追加した。4K動画撮影にも対応する。発売は5月20日。想定税別価格は17万円前後になる。

「DSC-RX10III(M3)」
「DSC-RX10III(M3)」
  • レンズ構成

 RX10 IIIは、カールツァイスの「バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載した、1.0型センサモデル「RX10」シリーズの最新モデル。「DSC-RX10M2」同様のスペックに、新開発の24~600mmの大口径高倍率ズームレンズを搭載した。

 ED(特殊低分散)非球面レンズ2枚、スーパーEDガラス1枚を含む計8枚のEDガラスを使用し、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を補正。独自の成型技術を用いた高度非球面AAレンズにより、描写性能を保ちながら、重量約1095g(バッテリ、メモリーカード含む)の小型化を実現した。

 有効2010万画素の1.0型Exmor RS CMOSセンサは、信号処理回路を画像領域と別の層に配置する積層構造により、高解像度データの高速処理を実現。最高1/32000秒のアンチディストーションシャッター、最大40倍のスーパースローモーションなどの撮影にも対応する。画像処理エンジン「BIONZ X」と組み合わせることで、ISO64から最大1万2800までの高感度撮影も可能だ。

 4K動画撮影もでき、AVCHDとXAVC Sフォーマットによる撮影に対応。4K(3840×2160ピクセル)映像に必要な画素数の約1.7倍にあたる情報量を活用し撮影できるため、モアレやジャギーを抑えた4K動画撮影ができる。

 サイズは高さ94.0m×幅132.5m×奥行き127.4mmで、ボディには防塵、防滴設計を施している。3.0型の液晶モニタは上に約107度、下に約42度の角度調整が可能だ。本体にはWi-Fiを装備する。

  • 24~600mmの大口径高倍率ズームレンズを搭載

  • 3.0型の液晶モニタは上に約107度、下に約42度の角度調整が可能

  • 操作ボタン、ダイヤルは上面にほぼ集約されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加