logo

ネットカフェでVRシアターサービスが展開--「進撃の巨人」や「攻殻機動隊」が楽しめる

佐藤和也 (編集部)2016年04月05日 19時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複合カフェが加盟する業界団体の日本複合カフェ協会は4月5日、インターピアとejeの協力のもと、店舗内でバーチャルリアリティ(VR)の視聴体験ができるVRシアターサービス「VR THEATER」を、4月7日から期間限定で展開することを発表した。

 これは店舗常設型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を設置し、気軽にVRコンテンツを楽しむことができるサービス。関東の加盟店31店舗に設置予定で、コンテンツの視聴料金は1回につき税込600円。なお店舗利用料や入会料金が別途必要。利用対象年齢を13歳以上と定めている。

 第1弾のコンテンツとして、2014年から各地にて開催されている「進撃の巨人展」でのみ体験可能な「進撃の巨人展 360°体感シアター “哮”」 を期間限定にて公開。また第2弾として、リリース時期は調整中となっているが「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」完全版を展開するとしている。

  • 第1弾「進撃の巨人展360°体感シアター“哮”」

    (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

  • 第2弾「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」

    (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

-PR-企画特集