logo

“さわれる”フリック入力--Google日本語入力に物理キーボード登場

山川晶之 (編集部)2016年04月01日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは4月1日、物理的にフリック入力できるキーボードデバイス「Google 日本語入力 物理フリックバージョン」を開発したと発表した。


「Google 日本語入力 物理フリックバージョン」

 フリック入力と物理キーボードの良いところを集めた入力デバイス。フリック入力に「ふれるよろこび」をプラスするため、キースイッチに「二軸ポテンショメーター搭載メカニカルスイッチ方式」を採用。5方向の入力に対応し、フリック入力を物理的に再現している。


 キーの文字面は削り出しで作成し、指先に触れる感覚を重視したという。キートップは、英字や絵文字などユーザーの好みに応じて載せ替えられる。Bluetooth接続できるAndroid端末やPCなどで利用可能。


キートップの刻印は削り出し

キートップを英字キーや絵文字などに載せ替えることができる

 キーボードの設計図や3DプリンタのデータはすべてGitHubで公開されている。オープンソースのため、グーグルの許可なしに制作・販売することも可能だとしている。

 なお、グーグルによると、使いやすいかどうかについて「ふれるよろこびを意識しました」としている。

※これはエイプリルフール企画の紹介記事です。

-PR-企画特集