エイベックス、動画配信「UULA」を完全子会社化--ソフトバンクから全株取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイベックス・グループ・ホールディングスは3月28日、同社子会社のエイベックス・エンタテインメント(現:エイベックス・デジタル)とソフトバンクグループが設立したUULAを完全子会社化すると発表した。音楽・映像配信サービス「UULA」は、引き続きUULAが運営を継続する。

音楽・映像配信サービス「UULA」
音楽・映像配信サービス「UULA」

 UULAは2012年10月に設立され、2013年2月よりサービスを開始した。共同事業の解消について、エイベックス・グループ・ホールディングスとソフトバンクグループが協議した結果、エイベックス・デジタルがソフトバンクグループの保有するUULAの全株式を取得し、エイベックス・デジタルの100%子会社とすることで合意したとしている。

 さらに、ソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)とUULA間で締結した「共同事業に関する基本契約書」に基づき、ソフトバンクの役割業務の一部解約にともない、ソフトバンクからUULAに20億円を支払うことについても合意。これを平成28年3月期の通期連結決算において、特別利益として計上する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加