logo

FOVE、総額12億3000万円の資金調達--コロプラやホンハイ、サムスンが出資

佐藤和也 (編集部)2016年03月23日 17時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FOVEは3月23日、コロプラとコロプラネクストが設立したVR専門ファンド「Colopl VR Fund」をリードインベスターとして、Hon Haiベンチャーキャピタルファンド“2020”、Samsung Venture Investmentを割当先とした、12億3000万円の第三種割当増資を発表した。

  • 「FOVE」

 FOVEは、目線追跡機能のあるVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「FOVE」を開発。視線追跡機能と動作追跡機能を組み合わせることにより、装着者が頭と目の両方を使い、仮想現実世界を上下左右360度自在に操作できるようにしたHMD。視覚を使った素早く高精度な操作や、キャラクターとの人間らしいふれあい体験が楽しめることをうたっている。

 今回の増資により、同社は2016年秋の製品発売に向けた量産の加速、中朝期的なR&D(研究開発)体制の強化、視線追跡機能を活かしたVRコンテンツの拡充のための業務サポートなどを視野に展開をしていくという。

 ちなみにColopl VR Fundにおける今回の出資は、VR関連事業会社への出資第1号という。出資を通じ、日韓のネットカフェ7500店舗におけるFOVE体験プラットフォームの構築協力や、FOVE対応コンテンツデベロッパーへの投資、 コロプラ開発によるVRコンテンツの視線追跡対応などを推進していくとしている。

-PR-企画特集