アマゾン、自撮り写真で認証する技術の特許を出願

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年03月17日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザーが自分の写真を撮影して認証し、商品を購入できるようにする技術について、Amazonが特許を出願した。

 詐欺対策サービスを手がけるEasy SolutionsのDamien Hugoo氏は、「増加の一途をたどる詐欺事件や、盗まれたユーザー名とパスワードの膨大な蓄積に直面して、組織はユーザー自身をパスワードにすることを検討している」と述べ、さらに「指紋認識や音声認識、顔認識などの生体認証は、円滑なアクセスを高精度の認証と組み合わせることで、利便性とセキュリティをうまく両立させる」とした。

 それでは、詐欺師がソーシャルメディアから入手した写真を使うのを防ぐには、どうすればいいのだろうか。特許出願書類によると、Amazonの提案しているシステムは「2次元の画像では再現できない」特定の動き、例えば、まばたきやウインクをするようユーザーに求めるという。

 特許出願書類はパーソナルデータアシスタントなど、スマートフォンとタブレット以外の電子機器にも言及している。将来、「Alexa」対応端末にカメラが搭載され、次世代「Echo」やホームロボットが理想的なショッピングマシンになる可能性もある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加