logo
MWC 2016

サムスン「Galaxy S7」の第一印象--拡張スロットや防水機能が復活した新モデル - (page 2)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年02月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラに新機能はあるのか

 ある。「インスタント」オートフォーカスは、筆者が使ったデモ機では、実際にかなり高速だった。そのため、焦点が合うまでの時間が短くなり、ここぞという瞬間をカメラに収められる機会が増えるはずだ。また、「iPhone 6s」と同様、自撮りするときにスクリーンが光る。前面カメラを使うときにフラッシュの代わりになり、写真が暗くならなくて済む。

 サムスンは、モーション撮影も導入し(iPhone 6sの「Live Photos」をイメージすればいい)、2つの新機能を用意している。

「Motion photo」:子どもや犬、コンサート風景のように、動きのある被写体を撮影するモード。設定でこの機能を有効にすると、シャッターを押すたびに数秒間の動画が撮影される。この動画は独自のファイル形式で写真ギャラリーに保存されるため、広い範囲に共有することはできないが、動画をスクラブして静止画を選択すれば、共有可能なJPEGファイルとして保存される。撮影した動画から、ベストショットを選べるというわけだ。筆者としては、AppleのLive Photosと同じく、夢中になるほど有用な機能には思えなかった。

サムスンは、Galaxy S7のカメラに関する考えを見直している。
サムスンは、Galaxy S7のカメラに関する考えを見直している。
提供:Josh Miller/CNET

「Motion panorama」:このカメラモードでは静止画を撮影するが、撮影者はパンしながら、たとえば手を振って挨拶している人たちの動きを収録できる。動画として共有することも可能だ。ある意味でクールな新機能で、特に屋外のシーンでは、パノラマ撮影がずっとダイナミックになるだろう(筆者が考えているのは、飛ぶ鳥や揺れる草木などだ)。

常時オンのディスプレイはどれくらいバッテリを使うのか

 常時オンのディスプレイはMicrosoftの「Lumia」(旧称Nokia Lumia)スマートフォンで何年も前から採用されているが、サムスンによると、この機能はバッテリを1%しか消費しないという。むしろ、時刻を知るためだけにスマートフォンのロックを解除しなければ(このときの方が電力を多く消費する)、持続時間がさらに長くなる可能性もあるとされている。

他のスマートフォンと比較したハードウェアのスペック
サムスンGalaxy S7LG G5Apple iPhone 6sGoogle Nexus 6P
画面サイズ、解像度5.1インチ、 2560×1440ピクセル5.3インチ、2560×1440ピクセル4.7インチ、1334×750ピクセル5.7インチ、2560×1440ピクセル
ピクセル密度576ppi554ppi326ppi515ppi
寸法(mm)142.4×69.6×7.9mm149.4×73.9×7.7mm138×67×7.1mm159×78×7.3mm
重量152g159g143g178g
モバイルOSAndroid 6.0 MarshmallowAndroid 6.0 MarshmallowApple iOS 9Android 6.0 Marshmallow
カメラ12メガピクセル16メガピクセル、8メガピクセル幅12メガピクセル12.3メガピクセル
前面カメラ5メガピクセル8メガピクセル5メガピクセル8メガピクセル
動画撮影4K4K4K4K
プロセッサ2.15GHz+1.6GHzクアッドコアQualcomm Snapdragon 820プロセッサ*Qualcomm Snapdragon 820プロセッサApple A9チップ(64ビット)2GHz 8コアQualcomm Snapdragon 810
ストレージ32Gバイト、64Gバイト(地域により異なる)32Gバイト16Gバイト、64Gバイト、128Gバイト32Gバイト、64Gバイト、128Gバイト
RAM4Gバイト4Gバイト2Gバイ3Gバイト
拡張ストレージ200Gバイト2TBなしなし
バッテリ3000mAh(脱着不可)2800mAh(脱着可)1715mAh(脱着不可)3450mAh(脱着不可)
指紋センサホームボタンホームボタンホームボタン背面
コネクタmicro USBUSB-CLightningUSB-C
特記事項N/A脱着可能バッテリ、背面カメラ2基N/A「純正」Android

*地域によってはサムスンExynosプロセッサ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]