フィリップス、最大99%の騒音を低減するNC&Bluetoothヘッドホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは2月4日、フィリップスブランドより、Bluetoothノイズキャンセリングヘッドフォン「SHB9850NC」を発表した。発売は2月初旬。想定税別価格は2万3000円前後となる。

「SHB9850NC」
「SHB9850NC」

 SHB9850NCは、ノイズキャンセリング機能「ActiveShield Pro」を搭載。4つのマイクを活用し、周囲からの騒音を最大99%低減することで、快適な音量でのリスニングを可能としている。Bluetoothは高音質コーデックaptXとAACに対応し、NFC機能も備える。

 ネオジウムマグネットを採用した、大口径40mmスピーカドライバを搭載し、クリアでパワフルな音質再生を実現。ハウジング部は人間工学に基づきデザインされたアラウンドイヤー型で、音楽再生、停止、音量調節や、ハンズフリー通話が可能なスマートタッチコントロール機能を採用した。

 約2時間の充電で、Bluetooth接続とノイズキャンセリング機能をオンにしたまま、最大16時間の連続再生が可能。バッテリが切れても、同梱の3.5mmオーディオケーブル接続で使用可能だ。充電用マイクロUSBケーブルと、航空機用アダプタも付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加