ドコモ、電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月から提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月15日、薬局が電子お薬手帳を手軽に導入し、それぞれのユーザーに合わせた服薬指導ができる電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を、3月から提供すると発表した。薬局向けシステムの初期設定費用は税別5000円/店舗、月額利用料は税別3000円/店舗。対応アプリ(iOS/Android)の料金は無料。

 ドコモではこれまでも、チェーン薬局向けにカスタマイズした電子お薬手帳を提供しており、全国約1300店舗に導入されている。この取り組みをさらに加速するために、汎用的で手軽に導入できるおくすり手帳Linkを新たに提供し、より多くの薬局での電子お薬手帳の普及促進を目指すという。ユーザーが顔なじみの薬局で、電子お薬手帳を利用できるようにすることで、厚生労働省が推進する、薬局・薬剤師による服薬情報の一元的・継続的な把握を実現したいとしている。

利用イメージ
利用イメージ

 薬局・薬剤師は、おくすり手帳Linkの薬局向けシステムにより、ユーザーから共有された、過去の調剤情報やアレルギー歴などの服薬情報を確認し、ユーザーの状態に応じた効果的な服薬指導が可能になる。また、公益社団法人日本薬剤師会が構築中の「リンク付けサーバー」とも連携する予定。ユーザーが同サーバーに連携する他の電子お薬手帳を利用していても、おくすり手帳Linkを通じて、服薬情報を一元的に確認できるという。

「おくすり手帳Link」(薬局向けシステム)の主な機能
「おくすり手帳Link」(薬局向けシステム)の主な機能

 ユーザー側は、調剤明細書などに印字された電子お薬手帳用のQRコードをアプリで読み取ることで、調剤情報をスマートフォンに取り込み、薬の効能や用法・用量などを確認したり、服薬の実績や体調変化などの服薬情報を自身で管理したりできるようになる。

画面イメージ
「おくすり手帳Link」(対応アプリ)の画面イメージ

「おくすり手帳Link」(対応アプリ)の主な機能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加