logo

オンキヨー、ハイレゾに対応したマグネシウム振動板の開発に成功

加納恵 (編集部)2015年12月24日 15時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは12月24日、マグネシウム箔材を採用したハイレゾ対応ヘッドホン振動板とドライバの開発に成功したと発表した。2016年に商品化する。

 マグネシウムは現在、高級モデルで主流になっているアルミニウムよりも比重が約40%軽く、強度、剛性が優れている素材。オンキヨーでは、アルミニウム素材の特徴を生かすため、ヘッドホンドライバの振動板形状を最適化した一体成型の独自設計を採用することで、40kHz以上の広帯域再生と雑音成分を最小限に抑えこむことに成功したとしている。

 今後は、一体成型によるマグネシウム振動板を「マグネシウムモノコック振動板」と名付け、ヘッドホンドライバとヘッドホンを商品化していくとのこと。OEM製品や自社ブランド製品により2016年の採用を目指す。


開発に成功したモノコックマグネシウム振動板と試作ヘッドホン
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集