固定IPアドレス付き「インターリンクLTE SIM」に10Gバイトプラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターリンクは12月21日、NTTドコモのMVNOとして提供中のグローバル固定IP付きデータ通信専用LTEサービス「インターリンクLTE SIM」の新プランとして、データ通信量の上限容量が異なる「7Gバイト」と「10Gバイト」の2プランを発表。これにともない、「2Gバイト」プランの新規受付を終了する。現在、同プランを契約しているユーザーは引き続き利用できる。

 インターリンクLTE SIMは、全プランにグローバル固定IPアドレス1個が割り当てられており、1Gバイト以上のプランでは、高速と低速を切り替える「高速ON/OFF機能」が利用できる。

 データ通信量の翌月繰り越しに対応するほか、利用可能通信量を超過してもオプションの「24時間速度制限解除クーポン」(税込540円)の使用により、24時間だけ速度制限が解除できる(1カ月に何度でも利用可能)。また、同社提供サービスの長期契約者は、初期費用が無料といった特徴がある。

 さらに、2016年3月31日まで、プラン変更手数料税込1620円が無料になる。期間内であれば月1回のプラン変更を毎月行えるという。

プラン一覧
プラン一覧

 インターリンクによれば、企業や団体からの問合せが多いことから、100件以上の契約を検討する場合に限り、1~2週間、テスト用のSIMを無料で貸し出すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加