logo

Westone、日本向けにサウンドデザインした「Westone 30」を限定発売

加納恵 (編集部)2015年12月04日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テックウインドは12月3日、米Westone Laboratories(Westone)のインナーイヤー型ヘッドホン「Westone 30」を発表した。日本向けのサウンドデザインを施した日本限定、数量限定モデルになる。同日から予約受け付けを開始し、発売は12月26日。想定税込価格は4万9800円になる。

 Westone 30は高、中、低域に各1基のバランスドアーマチュアドライバを搭載した、3ウェイクロスオーバーモデル。Westoneでサウンドデザインを務めるカール・カートライト氏は「アコースティック部分とクロスオーバー調整に特徴を持たせることに特に留意した。低域、中域、高域、すべてバランス良く、音源をできるかぎり忠実に再現する音を完成させることができた」とコメントしている。

 シェルデザインは、「Westone3/4」をオマージュとして採用しており、この2モデルは特に日本での人気が高かったとのこと。ピアノブラックにオレンジで30のロゴがデザインされている。

 再生周波数帯域は20Hz~18kHz。ケーブルは脱着ができ、「EPIC編み込みケーブル」を採用する。

 12月19~20日に、東京・秋葉原の「ベルサール秋葉原」で開催される「ポータブルオーディオフェスティバル 2015」(ポタフェス 2015)で先行販売するという。


「Westone 30」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集