マクセル、デュアルチャンバー設計のハイレゾ対応ヘッドホン--バランス駆動対応機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは12月3日、ハイレゾオーディオに対応し、デュアルチャンバー設計を採用したカナル型ヘッドホン「MXH-RF550(想定税別価格:2万5000円前後)/RF550B(同:3万円前後)」を発表した。12月10日に発売する。

  • 「MXH-RF550」

  • 「MXH-RF550B」

 両機種とも、振動系の軽量化と新設計拡散音場バランサーを採用した、新開発ドライバを搭載。40kHzまでの高域再生を実現するとともに、引き締まった低域から繊細な高域まで、バランスの良い広帯域を再生する。

 ハウジング内部に2つの空気層を持つ新設計デュアルチャンバー構造により、広帯域再生でフラットなバランスと、豊かな音場を再生する周波数特性を実現。塞がれた外耳道で発生する、6kHz付近のピークを抑制する音響回路により、ささりのない伸びやかな高域を再生するという。

 RF550は、3.5mmステレオミニプラグを搭載。RF550Bは、バランス駆動対応のヘッドホンアンプやオーディオプレーヤーで使える、2.5mm4極ステレオミニプラグを搭載したほか、2.5mm4極から3.5mm3極への変換プラグも同梱している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加