logo
Kickstarter

どんなUSBポートでも安全に充電できる「USBeSafe」--ジュースジャッキング攻撃を防止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行先でスマートフォンのバッテリがなくなりそうな場合、空港やカフェ、ホテルなどに用意されているUSB充電コーナーを使う人は多いだろう。しかし、用心してもらいたい。何気なく挿したUSBケーブルを介し、スマートフォン内の重要な情報を盗まれたり、危険なアプリを勝手にインストールされたりする、ジュースジャッキング(juice jacking)と呼ばれるセキュリティ攻撃が広まっているそうだ。


行きずりのUSBポートはジュースジャッキング攻撃が心配(出典:Kickstarter)

 そこで、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の、USB充電時の安全を確保するデバイス「USBeSafe」を使ってはどうだろう。


USB充電時の安全を確保するUSBeSafe(出典:Kickstarter)

 USBeSafeは、空港などにある充電コーナーやネットカフェのPCといった信頼できないデバイスのUSBポートと、充電したいスマートフォンなどとのあいだに挟んで使うUSBアクセサリ。データ転送を阻止する回路になっていて、どこでも安全に充電できる。

 側面のスイッチを切り替えると、データ転送可能なモードになる。ジュースジャッキングの心配がない環境では、安心してスマートフォンの同期や写真のバックアップなどが済ませられる。


スイッチ一つでデータ転送を禁止(出典:Kickstarter)

 USBeSafeのデータ転送禁止モードは、自宅などでも便利だ。例えば、スマートフォンとPCを接続すると自動的にあるアプリが起動し、時間のかかる同期処理が始まる設定になっていたとしよう。普段は便利な機能だが、充電だけしたい場合にはアプリ起動と同期処理でPCが重くなってしまう。

 そんなときにUSBeSafeをデータ転送禁止モードにしておけば、充電以外の処理が実行されないので、動作の重いPCにイライラしないで済む。


LEDが赤いときはデータ転送中なので要注意(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2016年1月4日まで。目標金額の2万8000ドルに対し、記事執筆時点(日本時間2015年12月2日14時)で集まった資金はまだ317ドル。

-PR-企画特集