logo

アイ・オー、新4K液晶モニタを発表--HDMI対応で4K/60Hz再生も可能に

加納恵 (編集部)2015年12月01日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は12月1日、4K対応の液晶モニタに40型の「LCD-M4K401XVB」(想定税別価格:9万2000円前後)と28型の「LCD-M4K282XB」(同:5万9800円)を追加した。HDMI 2.0での入力に対応する。両機種ともに12月下旬に発売する。


左から40型の「LCD-M4K401XVB」と28型の「LCD-M4K282XB」
  • 40型の「LCD-M4K401XVB」。左サイドにはヘッドホンホルダ

 両機種ともに3840×2160ピクセルの4K解像度を持ち、高精細な写真や映像の再現が可能。HDMI端子は3系等備え、うち1系統は4K/60Hz出力が可能なHDMI 2.0、1系統はMHLに対応する。

  • 28型の「LCD-M4K282XB」

 超解像技術を搭載し、低解像度の映像も美しく再現できるとのこと。解像度は5段階から調整が可能だ。「オーバードライブ機能」を搭載し、28型は2.2ms、40型は2.6msの高速応答を実現。DisplayPort/HDMI接続時は10bitカラー(10.7億色)の再生に対応する。

 28型には台座が左右に320度、チルト角23度の調整ができるスイーベル、チルト機構を装備。40型には左サイドにヘッドホンホルダを搭載する。

 両機種ともに、ブルーライトを低減する「ブルーリダクション」を備え、低減率は5段階から調節が可能。40型のみリモコンを付属する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集