logo

Astell&Kern、最上位機の流れをくむ新スタンダード機「AK320」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アユートは11月24日、ハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「Astell&Kern AK320」を発表した。日本での発売日と販売価格は未定。

 AK320は、最上位モデル「AK380」の基本設計を踏襲した、スタンダードモデルという位置づけ。AK380オプションの「AK380 AMP」、および近日発売予定の「AK CD-RIPPER/AK380 Cradle」の接続も可能で、高い拡張性を特徴としている。

 旭化成エレクトロニクスの「AKM AK4490」を、デュアルDAC構成で搭載したほか、VCXOリファレンスClock(電圧制御水晶発振器)を搭載し、超低ジッタ200 Femto秒を実現した。

 ネイティブ再生は、192kHz/24bitまで対応。352.8kHzは176.4kHz、384kHzは192kHz、32bitは24bitにダウンコンバートし、DSD はPCM176.4kHz/24bitに変換する。「Parametric EQ(20 Band EQ/0.1dB)」機能も搭載し、高度な音質調整が可能だ。

 DLNA対応ネットワーク機能「AK Connect」を備え、 PC/NASからWi-Fi経由でのストリーミングの再生や、楽曲ファイルの転送が可能。スマートフォンやタブレットなどの対応機器から、AK320へのストリーミング再生も可能だ。「AK Connect App」を使えば、本機の操作も可能になる。

 筐体には、AK120II/AK100IIと同様のアルミニウムを採用し、本体カラーはガンメタルのみ。2.5mm/4極バランス出力のほか、ディスプレイを広く活用できるメタルタッチセンサー・ホームボタンを搭載した。内蔵メモリは128Gバイトで、外部microSDと併せて最大256Gバイトまで対応する。


「Astell&Kern AK320」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集