logo
Kickstarter

ドラムのようにもテルミンのようにも演奏できる電子楽器「Pulse*」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラムのように叩いて音を出すだけでなく、テルミンのように空中で動かす手の動きでも音をコントロールできる新たなタイプの電子楽器「Pulse*」を、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で見つけた。


電子ドラムのようだがテルミンのようにも演奏できる(出典:Kickstarter)

 Pulse*は、電子パーカッションのような円盤状のデバイス。表面をスティックやマレットで叩いて使うほか、ブラシや手のひら、握り拳、指先などでも操作できる。さらに、表面に触れず手などを動かすと、その動きや距離、位置の情報を演奏に反映させられる。


スティックで叩いて使える(出典:Kickstarter)

叩き方いろいろ、空中操作も可能(出典:Kickstarter)

 Windows、Mac OS X、iOS、Android版のアプリが用意されており、Pulse*の操作情報はさまざまな楽器の音に割り当てられる。ドラムやパーカッションはもちろん、ピアノ、ギター、ハープといった楽器の音も出せる。さらに、シンセパッド、レコードを回すDJ用ターンテーブル、ミキサーなどとしても使える。


さまざまな楽器やターンテーブルにもなる(出典:Kickstarter)

 MIDIに対応しており、「Pro Tools」「Ableton Live」「Logic Pro X」「Garage Band」などの音楽制作アプリとの接続も可能。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月3日まで。目標金額の10万ポンドに対し、記事執筆時点(日本時間11月18日17時)で約3万4000ポンドの資金を集めている。

-PR-企画特集