logo
Kickstarter

不審な振動を検知してドアの“こじ開け”を防ぐ「Elephant Door」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住宅への不法侵入を検知する家庭向けセキュリティシステムは、さまざまな製品が選べる。今回紹介するクラウドファンディングサービス「Kickstarter」の「Elephant Door」はドアを守るだけのスマートデバイスだが、侵入経路の限られる高層マンションなどでは必要十分だろう。


ドアからの不法侵入を防ぐ(出典:Kickstarter)

 Elephant Doorは、付属の粘着テープでドアに貼り付け、スマートフォンの専用アプリと連携させるだけで簡単に使い始められる。ドアの種類を選ばないので、使いやすい。


設置はドアに貼り付けるだけ(出典:Kickstarter)

 加速度センサ、ジャイロスコープ、マイクを搭載しており、振動や音から不審な動きを検知すると、100dB以上の大音量アラームを鳴らしてドアの“こじ開け”を未然に防ぐ。

 Elephant Door単体でも侵入防止効果は高いが、スマートフォンと連携させると安心感がさらに高まる。侵入が試みられるとアプリが警告を発するので、外出先でも危険な状況にあることが分かる。その場で警察に通報するといった対応も取れる。


外出先でも安心(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月16日まで。目標金額の4万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間11月17日15時)で集まった資金はまだ2272ドル。

-PR-企画特集