Indiegogo

探し物がどの部屋にあるか特定できる忘れ物防止デバイス「TrackR atlas」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鍵や財布など大切な物には、Bluetooth対応の置き忘れ防止タグを取り付けておくと安心だ。どこに置いたか分からなくなったら、スマートフォンのアプリからタグの音を鳴らして探せる。しかし、家のどの部屋に置いたか忘れてしまうと、音がどこで鳴っているか家中を探し回ることになる。

 今回紹介する忘れ物防止システム「TrackR atlas」は、探し物がどの部屋にあるか特定できるので、探す際の手間が省ける。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


探し物がどの部屋にあるか特定できる(出典:Indiegogo)

 TrackR atlasは、Bluetooth対応タグをスマートフォンから直接探さず、コンセントに挿しておくBluetoothおよび無線LAN(Wi-Fi)対応の中継器を介して探す仕組み。各部屋のコンセントに中継器を挿しておくと、スマートフォンのアプリでどの部屋にあるか判別できる。目的の部屋に入ってからタグのアラームを鳴らせば、探し物がすぐに見つかる。


探しに行く部屋がすぐ分かる(出典:Indiegogo)

 中継器は、タグとの通信が切れたり復活したりすることをアプリに通知する機能も備えている。この機能を使うと、ペットが外出することや、何かが持ち去られることにすぐ気付ける。逆に、友達に貸していた自転車が戻ってきたことを知る、といった使い方もできる。


ペットの外出や自転車の返却にも気がつける(出典:Indiegogo)

 さらに、TrackR atlasは専用のタグだけでなく、ほかのBluetoothタグを管理することも可能だ。すでに持っている忘れ物防止タグを活用できて、無駄にしないで済む。

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間11月17日13時)でキャンペーン期間は30日残っているが、すでに目標を超える約5万8000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加