HAROiD、テレビやイベントに参加できる分身的3Dデジタルトイ「TOVY」

加納恵 (編集部)2015年11月16日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビとバスキュールの合弁会社であるHAROiDは11月16日、スマートフォンやPCで自らデザインした3Dキャラクターで、テレビ番組やウェブサイト、イベントなどに参加できるデジタルトイサービス「TOVY(トビー)」をスタートしたと発表した。


デジタルトイサービス「TOVY(トビー)」

 TOVYは、スマートフォンやタブレット、PCから「TOVY Webサイト」にアクセスすることで入手できる3Dキャラクター。カラーやパーツなどを選ぶことで、自分だけのTOVYを作成できる。

 作成したTOVYは、自分の代わりに、テレビやスマートデバイス、デジタルサイネージを自由に行き来できるペットや相棒として利用することが可能。第1弾として、11月から日本テレビ系で放送している「ZIP!」の中の「IP!deポン! アローハ」コーナーにてTOVYの出演募集企画を実施する予定としている。


TOVY作成からテレビ番組参加までの流れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加