Kickstarter

Spotify聴取やUber配車が可能な多機能スマート目覚まし時計「Beddi」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンと連携してさまざまな機能を提供するスマート目覚まし時計は、たくさん存在する。そのなかでも、今回紹介する「Beddi」は多機能なためかクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で多くの資金を集めている。


多機能なスマート目覚し時計(出典:Kickstarter)

 Beddiは、iPhoneやAndroidスマートフォンと連携するスマート目覚まし時計。目覚まし時計として使えるのは当然として、FMラジオ、Bluetoothスピーカー、USB充電器のほか、音楽ストリーミングサービス「Spotify」聴取、ハイヤー配車サービス「Uber」利用など、20種類以上の機能を備える。

 まず、夜、ベッドに入るときは、Beddiで海や森、雨、換気扇といった環境音を流して入眠を手助けしてくれる。もちろん、Spotifyで音楽を聴きながら寝ることも可能だ。

 朝になると、目覚ましをセットした時刻の5分前から徐々にライトの明るさを強め、自然に起きられるようにする。目覚ましの音として、Spotifyのプレイリストも選べる。目覚まし時刻は、スマートフォンと自動的に同期される。「Google Maps」の地図情報、交通情報、天気予報などは、スマートフォンの画面に表示するので、出かける前の準備がしやすい。


快適な入眠と目覚めを支援(出典:Kickstarter)

 Beddiには各種機能を割り当てられるスマートボタンがあり、例えば外出前にボタンを1つ押すだけでUberの配車を依頼するよう設定できる。スマートボタンの数は3個で、それぞれシングルクリック、ダブルクリック、長押しの3種類の操作が区別可能で、合計9種類の機能がボタンで呼び出せる。


Uber配車などさまざまな機能をワンタッチで(出典:Kickstarter)

 そのほかに、各種スマートデバイスやスマートホームシステム「Nest」「Philips Hue」などとも連携する。Beddiのアラームに合わせてコーヒーを淹れたり、部屋の照明を明るくしたりといった動作が実現できる。


スマートホームとも連携可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月3日まで。記事執筆時点(日本時間11月16日13時)で、目標金額2万5000ドルの4倍を超える約10万8000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加