LINEとスタートトゥデイが提携、ビーコン事業を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは11月11日、スタートトゥデイとファッション領域におけるビーコン事業の推進に向け、業務提携したと発表した。この業務提携により、スタートトゥデイが開発した「ボタン型ビーコン」と、LINEが運営するLINE公式アカウントや「LINE@」の企業、店舗などが販促や集客としてビジネスに活用できるLINEアカウントを連携し、アパレル店舗に向けた「ビーコン活用サービス」を2016年春頃に開始するという。


「ビーコン活用サービス」イメージ

利用イメージ

 ボタン型ビーコンは、スタートトゥデイが独自に設計、製造した、ボタンを押した時のみ電波を発するビーコン。アパレル店舗に来店したユーザーが商品に取り付けられたボタン型ビーコンを押すと、LINEアカウントを経由し、その商品や店舗の情報がユーザーのスマートフォンへに届けられる仕組みだ。

 両社は、リアル店舗やユーザーの日常生活において、適切なタイミングでの情報提供を目指し、オムニチャネルにおける販売促進の一環としてサービスプランを検討するという。詳細に関しては、あらためて発表するとしている。


「ボタン型ビーコン」

サイズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加