Indiegogo

スマホで高さ調整できるスタンディング机「Aspirus」--健康維持や腰痛防止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オフィスで仕事に集中していると、つい何時間も座ったままになってしまう。デスクワークでも身体を動かしたり血の巡りをよくしたりするため、立った状態でPCを操作できる、スタンディングデスクや立位デスク、立ち机と呼ばれる特別な机を使う人もいる。健康維持や腰痛防止の効果も期待できるらしい。

 専用のスタンディングデスクは場所を取るから導入しにくいが、既存のデスクに置いて使える「Aspirus」なら、すぐに立った状態のデスクワークが体験できる。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中だ。


机に置いて使えるスタンディングデスク(出典:Indiegogo)

 Aspirusは、机やキャビネット、出窓などに置き、ノートPCを載せたり、ディスプレイを取り付けたりできるスタンディングデスク。ボタンを押すだけで高さを変えられて、スタンディングデスクとしてだけでなく、座って使うことも可能。高さ調整は、連携させたスマートフォンの専用アプリでもできる。


立ち作業と座り作業の両方に使える(出典:Indiegogo)

 あらかじめ好みの高さを設定しておけるので、立位と座位の変更はワンタッチで済む。立ち作業の目標時間をアプリで決めると、Aspirusのインジケーターが光って立つよう促してくれる。


スマホ連携で便利に(出典:Indiegogo)

 Aspirusは、各種センサで立ち作業と座り作業の時間を計測する機能も備える。集計結果はアプリで確認できる。


使い方はいろいろ(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間11月6日12時)でキャンペーン期間は27日間残っており、約2万8000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加