オンキヨー、セルロースナノファイバ使用の振動板を開発--2016年の商品化目指す

加納恵 (編集部)2015年11月05日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは11月5日、バイオマス素材「ピュアセルロースナノファイバー」(CNF)を使用したスピーカ振動板の開発に成功したと発表した。強さやしなやかさと軽さを両立したスピーカ振動板を作ることができるとしている。

 CNFは、木材パルプを構成する繊維をナノレベルまで細かくすることで生まれた最先端のバイオマス素材。鉄の5分の1の質量でありながら、鉄の5倍の強度を実現するCNFを、パルプに混抄することで、さらなる高音質化を実現した、スピーカ振動板ができるとしている。

 今後は車載スピーカを中心としたOEM製品や自社ブランド製品に2016年からの採用を目指す。


「ピュアセルロースナノファイバー」を使用したスピーカ振動板を開発
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加