アイ・オー、低遅延とナイトモードでゲームに強い液晶モニタ

加納恵 (編集部)2015年11月04日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は11月4日、超解像技術「ギガクリア・エンジンII」を搭載した、液晶モニタ2機種を発表した。11月下旬に発売する。


左から23.8型の「LCD-RDT242XPB」、27型の「LCD-RDT272XPB」
  • 23.8型の「LCD-RDT242XPB」

 発表されたのは27型の「LCD-RDT272XPB」(想定税別価格5万9800円)と23.8型の「LCD-RDT242XPB」(同:4万4800円)。両機種ともにギガクリア・エンジンIIによる超解像技術により、映像に適した高画質化を実現。低解像度の映像も拡大し、ぼやけ成分を推定して補正することで、くっきりとした解像感が得られる。

  • 27型の「LCD-RDT272XPB」

 HD、SD、LDの3段階から入力映像の解像度にあわせて、超解像技術や高画質機能の調節範囲を自動設定することで、それぞれの解像度に適した高画質表示を実現。通常の超解像処理では、ざらざらしたように表示される人物の肌も、肌色検出により自然で美しく再現できるとしている。

  • フレーム最小部を約6.4mmに抑えた極細フレームを採用

 内部遅延を0.05フレームに抑えた「スルーモード」と、暗部の視認性を向上した「Night Clear Vision(ナイトクリアビジョン)」により、ゲームでの使用に最適。3.2msの高速応答を実現した「オーバードライブ機能」も備え、動画も鮮明に表示できる。

 23.8型のLCD-RDT242XPBのみ、フレーム最小部を約6.4mmに抑えた極細フレームを採用し、マルチディスプレイ時にもフレームが気にならない極細フレームパネルになっている。

 両機種ともに、HDMI端子は4系統備え、うち1系統はMHL接続が可能。PinP、PoutPで子画面表示ができるほか、ブルーライトを低減する「ブルーリダクション」は5段階調節ができ、新たに採用した「フレッカーレス設計」と合わせ、目の負担を軽減できる。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加