logo

空中に文字を描けるスティック型LEDライト「M-STICK」--アプリで多機能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハロウィンの供宴が終わり、街はクリスマスの装いに変わっていく。暗くなるのもすっかり早まり、美しいイルミネーションが楽しみだ。

 そんな季節にピッタリのスティック型LEDライト「M-STICK」を、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で見つけた。スマートフォンのアプリから設定すると、いろいろな光らせ方で楽しめる。


アプリで光り方を変えられる(出典:Kickstarter)

 M-STICKは、スティック側面にたくさんのLEDが並んだライト。加速度センサを搭載しており、動きに応じて光り具合を変えられる。

 最も分かりやすくて楽しい光らせ方は、M-STICKを左右に振って空中に文字を描く機能だろう。「I Love You」といった文字をアプリで設定して振ると、残像で文字が浮かび上がる。


光る文字でメッセージを送ろう(出典:Kickstarter)

 また、自転車のテールライトとして使うのもよい。振動で光の色などが変化するので、後ろからの視認性を高められて安全向上に繋がる。スマートフォンで再生する音楽に合わせて光を変える、サウンドビジュアライザーとして使うアプリも用意されている。


テールライトやサウンドビジュアライザーとして(出典:Kickstarter)

 そのほかにも、自撮り用の照明、キッチンタイマー、目覚ましアラーム、ストップウォッチ、天気予報デバイス、ベッドサイドランプなどにもなる。


キッチンタイマーなどアプリで多機能に(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月14日まで。目標金額の5万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間11月2日14時)で約1万8000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集