グリー、上半期業績予想を上方修正--国内ネイティブゲーム事業に復調の兆し

佐藤和也 (編集部)2015年10月29日 19時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは10月29日、2016年6月期第1四半期(2015年7月~10月)の連結決算を発表。売上高は193億800万円(前年同期比で24.0%減)、営業利益は43億8500万円(同31.2%減)、経常利益は39億9700万円(同50.5%減)、純利益は23億9400万円(同31.1%)で、前年比では大幅な減収減益となった。

 前四半期比では売上高が16億1000万円減少しているものの、営業利益では1億7000万円の増加となり、営業利益率も22.7%と2.6%の増加となっている。このあたりはマスプロモーションの抑制といった広告宣伝費やサーバ費用などの賃借料の削減といったコストコントロールによってもたらされたものとしている。

  • グリー代表取締役会長兼社長 田中良和氏

  • 1Q決算概要

 依然として主力のゲーム事業における全体のコイン消費は前四半期の279億コインから257億コインと減少傾向が続いているものの、国内ネイティブゲーム事業においては前四半期47億コインから49億コインへと増加。主力タイトル「消滅都市」のほか「戦乱のサムライキングダム」が堅調に推移。また新作「NARUTO-ナルト- 忍コレクション」がコイン消費をけん引したほか、「LINE タワーライジング」のKPI(重要業績評価指標)が消滅都市をしのぐスピードで成長しているという。

 海外ネイティブゲーム事業はコイン消費が前四半期43億コインから39億コインへと減少しているものの、単月では6月に比較して7月から9月は底堅く推移し、下落に歯止めがかかりつつあるという。また北米拠点の再構築や新規タイトルの開発も進めており、巻き返しの体制を整えつつあると説明した。

  • 国内ネイティブゲーム事業推移

  • 海外ネイティブゲーム事業推移

 第1四半期ではネイティブゲームを国内外含めて2本リリース。現在は14本のパイプラインが進行しており、第2四半期では国内と海外で2本ずつ4本、また下半期では国内6本に海外4本を加え、今期で約16本をリリース予定としている。国内向けネイティブゲームでは今冬リリース予定の新作「追憶の青」が、東京ゲームショウ2015での出展などで高評価を得られたとして大きな期待を寄せているという。

 新領域事業については、リフォームECサービス「リノコ」の受注額が拡大しているほか、フィットネスレッスンの定額サービス「Lespas」についても加盟店舗数が増加し、今後利用者の増大に向けた施策を展開予定とするなど手応えを感じているとしている。

 第2四半期は第1四半期と比較して減収減益を見込むものの、第1四半期のゲーム事業が計画以上に推移していることや適切なコストコントロールが進んでいることを理由に、8月5日に発表した上半期業績予想よりも売上高は5億円増の370億円、営業利益を10億円増の70億円、経常利益を5億円増の65億円と、上方修正した。純利益は35億円のまま据え置いている。

  • 新領域事業推移

  • 上半期業績予想の上方修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加