logo
Kickstarter

機能を取捨選択できるスマートウォッチ「BLOCKS」--“駒”で機能を交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートウォッチは便利だけれど、自分にとって余計な機能が付いていたり、必要な機能が搭載されていなかったりして、どのモデルも一長一短。いらない機能は使わないだけだが、機能が足りないと別のデバイスを持ち歩くことになり、ウェアラブルの良さが損なわれる。

 そこで、搭載する機能を取捨選択できるモジュール式のスマートウォッチ「BLOCKS」を紹介しよう。現在、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で多くの支持を得ている。


機能を取捨選択できるモジュール式(出典:Kickstarter)

 BLOCKSは、タッチパネル式画面やBluetooth、無線LAN(Wi-Fi)、バイブレーションなど基本的なスマートウォッチ機能を備える腕時計の本体の形をしたコアと、各種機能を追加する腕時計バンドの“駒”モジュールから構成されるデバイス。自分に必要な機能だけに絞った、自分専用のスマートウォッチが作れる。


駒モジュールで機能を実現(出典:Kickstarter)

 駒の脱着は簡単で、BLOCKSを作動させたまま交換できる。そのため、出かける際にその日に必要なモジュールを選んで使うなど、柔軟な使い方も可能。予備のバッテリモジュールを持ち歩いていれば、外出先のバッテリ切れで困ることもない。


好きな機能が選べる(出典:Kickstarter)

 現時点で用意されているモジュールは、バッテリのほか、GPS、NFC、心拍センサ、標高/気圧/気温センサ。これから開発する計画のモジュールは、GSM対応SIMカード、指紋センサ、LEDライト、各種機能を割り当てられるプログラマブルボタン。

 BLOCKSの開発グループは、サードパーティによる独自追加モジュール開発を推奨しており、ソフトウェア開発キット(SDK)とモジュール開発キット(MDK)を提供する予定。これにより、カメラやフラッシュメモリなどのモジュールが登場するかもしれない。

 BLOCKSのOSはAndroidベース。ただし、Androidスマートフォンだけでなく、iPhoneとの連携にも対応している。


iOSとAndroidの両方に対応(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月20日まで。記事執筆時点(日本時間10月21日13時)で、目標金額25万ドルの4倍近い約96万ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集