logo

メドピアとクリニカル・プラットフォームが提携--独自医療システムの構築めざす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メドピアとクリニカル・プラットフォームは10月19日、資本業務提携を締結したと発表した。診療所を中心とした医療現場のICT化を推進することで、医療従事者の業務負担を減らし、医療の質と患者の満足度の向上を図るという。

 メドピアは、医師専用のコミュニティサイト「MedPeer」を運営。医師の集合知によって、医師の診療と企業の医師向けマーケティングを支援している。


「MedPeer」

 一方、クリニカル・プラットフォームは、医療従事者がより医療に専念できる環境をクラウド上に構築する、100%クラウド型診療プラットフォームを提供している。

 業務資本提携により、メドピアは、MedPeerの集合知と臨床現場における医師の思考過程、処置・処方結果が記録されるクラウド型電子カルテ「クリプラ」の診療データを合わせ、実際の医療現場で医師を支援する独自の医療システムサービスの構築を目指すという。

 また、MedPeerを通じて、クリプラの販売プロモーションを支援するとともに、医療現場のICT化を啓蒙する取り組みを企画、実施するとしている。

-PR-企画特集