logo

音茶楽とオークヴィレッジがコラボ、欅無垢材のインイヤーヘッドホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音茶楽Sound Customizeは10月16日、木製小物などを手掛けるオークヴィレッジとのコラボレーションモデルとして、欅無垢材を使用したインイヤーヘッドホン「Donguri-欅Ti Plus」を発表した。11月下旬に発売する。音茶楽Sound Customizeでの税別価格は5万2500円となる。


「Donguri-欅TiPlus」

 Donguri-欅Ti Plusの外観形状は、2013年11月発売の「Donguri-欅」と同じもの。今回、主要部品を見直し、大幅な音質向上を実現した。フロントキャビネットには純チタンを採用し、リアキャビネットには、欅無垢材を削り出してオイル仕上げを施した。

 ドライバユニットには、新開発の10mmダイナミック型「010e005型エレメント」を投入。液晶ポリマープロテクターおよびフレームを採用することで、エレメントの不要な振動を抑えた構造だ。トルネード・イコライザには、ハイレゾ対応仕様の大口径タイプを採用し、広帯域を低歪率で再生する。

 コードは4芯構成で、1.2mのY型。分岐-プラグ間に4芯コードを採用して左右チャンネルのグランドを分離することで、セパレーションを改善した。プラグは3.5mm金メッキステレオミニブラグ。S/M/Lサイズのシリコン製イヤチップと、L型接続コード、木製の収納箱などが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集