logo

クラウドワークス、プラットフォームをオープン化--タスク形式案件の手数料を無料に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドワークスは10月14日、同社が運営するクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」プラットフォームのオープン化構想を発表した。


「クラウドワークス」

 オープン化構想の第1弾として、クラウドワークスで発注された「タスク形式」の仕事において、クラウドワーカーに対する手数料が無料化される。これにより、タスク形式案件を受注したクラウドワーカーは、発注者から発注金額の満額を受け取れるようになる。これまでは、1案件あたり20%の手数料が発生していた。

 今後は、手数料無料化戦略のさらなる展開を検討するとともに、個人向けの金融事業、企業向けクラウドワーカー採用支援事業など、個人の与信データを活用した新たなビジネスモデルの構築を進めるという。

-PR-企画特集