logo

ヤマハ、アートフレームのように飾れるインテリアオーディオ「Restio」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月13日、Bluetoothや「MusicCast」に対応し、フォトフレームのように飾れるインテグレーテッドオーディオシステム「Restio(レスティオ)」シリーズに「ISX-80」を発表した。発売は11月上旬。税別価格は6万5000円となる。


「ISX-80」

 ISX-80は、高さ302mm×幅302mm×奥行き65mmの薄型で、絵画やフォトフレームのように棚や壁に設置して楽しむことができるインテリアオーディオ。本体カラーはホワイト、ブラック、パープルの3色を用意している。

 フロントグリルには、1枚の鉄板から加工したエキスパンドメタルを採用。外枠はアルミヘアライン、ディスプレイフレームはアルミコート、スタンドはアルミ削り出しで仕上げた。

 Wi-FiとBluetoothに対応し、対応機器の音楽をワイヤレスで再生することが可能。災害対策のFM補完放送も受信できるFMワイドバンドチューナのほか、AUX-IN端子も搭載し、CDプレーヤーなどとも接続可能だ。別の部屋にある対応機器とワイヤレスでネットワーク接続できるMusicCastにも対応している。

 スピーカには、8cmウーファと3cmソフトドームトゥイータによる2ウェイのステレオ構成を採用し、計4つのスピーカユニットを内蔵。力強い低音からクリアな高音まで、バランス良く再生する。小音量でも豊かなサウンドを実現する「ラウドネスコントロール」や、3バンドイコライザも搭載している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集