logo

オーディオテクニカ、全シリーズにハイレゾモデルを投入--ヘッドホン新モデル

加納恵 (編集部)2015年10月09日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは10月8日、2015年秋のヘッドホン新製品として、重低音再生の「SOLID BASS」、ビジネススーツにも似合う「EARSUIT」、ホームユースの「ART MONITOR」の3シリーズをフルモデルチェンジした。10月23日から順次発売する。

 SOLID BASSは、2009年に登場した重低音再生モデル。オーバーヘッドタイプを「ATH-WS1100/WS770/WS550」の3モデル、インナーイヤータイプを「ATH-CKS1100/CKS990/CKS770/CKS550/CKS550i/iS」の5モデルそろえ、シリーズ初のフルモデルチェンジを果たす。

 オーバーヘッドタイプのWS1100、インナーイヤータイプのCKS1100はともにハイレゾ対応機になる。WS1100は、オーディオテクニカで最大となる53mmの「DEEP MOTION Hi-Res Audio DRIVER」、CKS1100は、12.5mmドライバを向かい合わせに配置した独自の「DUAL PHASE PUSH- PULL DRIVERS」を搭載。豊かな重低音を再生しながら、解像感のある高域までをサポートする。

 WS770/WS550はいずれも53mmの「DEEP MOTION DRIVER」を採用し、WS770のみ、3つの空気孔をもうける「エアフローベース・トリプルベンティングシステム」を搭載。CKS990/CKS770は13mm、CKS550/CKS550i/iSは9.8mmの「DUAL MAGNETIC-FIELD DRIVER」を備える。

  • ATH-WS1100(想定税別価格:2万5000円前後)
  • ATH-WS770(想定税別価格:1万5000円前後)
  • ATH-WS770(想定税別価格:8000円前後)
  • ATH-CKS1100(想定税別価格:2万5000円前後)
  • ATH-CKS990(想定税別価格:1万3000円前後)
  • ATH-CKS770(想定税別価格:7000円前後)
  • ATH-CKS550(想定税別価格:4000円前後)
  • ATH-CKS550i/iS(想定税別価格:5000円/4700円前後)
  • ATH-WS1100

  • ATH-WS770

  • ATH-WS770

  • ATH-CKS1100

  • ATH-CKS990

  • ATH-CKS770

  • ATH-A2000Z

 ART MONITORは、3.0mのケーブルを採用し、ホームユースに最適なオーバーヘッド型ヘッドホンだ。ハイレゾ対応の「ATH-A2000Z/A1000Z/A900Z」と、エントリーモデルの「ATH-A500Z」の4モデルをラインアップする。1994年の発売以来、初めてとなるドライバの全面改良を施し、新開発の53mmドライバを搭載。ハウジング部は二重構造にすることで、伸びやかな低音を再現する。

 全モデルともに、日本で生産している国産モデル。上位機のA2000Z/A1000ZのはOFC-6N+OFCケーブル、A900ZとA500Zはケーブルが片出しタイプになる。

  • ATH-A2000Z(想定税別価格:8万円前後)
  • ATH-A1000Z(想定税別価格:5万円前後)
  • ATH-A900Z(想定税別価格:2万5000円前後)
  • ATH-A500Z(想定税別価格:1万3000円前後)
  • ATH-A1000Z

  • ATH-A900Z

  • ATH-A500Z

 ビジネススーツに似合うヘッドホンとして開発されたEARSUITは、「ATH-ESW950/ES750」の2モデルをそろえる。両機種ともにハイレゾ対応機で、42mmドライバを搭載する。

 ESW950は、シカモア無垢材削りだしウッドハウジング、ES750はステンレスハウジングを採用。両機種ともにスイーベル機構を備え、携帯にも最適だ。

  • ATH-ESW950(想定税別価格:4万円前後)
  • ATH-ES750(想定税別価格:2万5000円前後)
  • ATH-ESW950

  • ATH-ES750


オーディオテクニカ代表取締役社長の松下和雄氏

 オーディオテクニカは、2014年でヘッドホンの発売から40周年を迎えた。代表取締役社長の松下和雄氏は「ヘッドホンを発売した当初は、ステレオセットのおまけ的な位置付けだったが、オーディオテクニカでは音質、材質にこだわったHi-Fi用ヘッドホンをいち早く開発した。現在も開発当初の思いは変わっていない。2014年に発売したハイレゾ対応モデル『ATH-MSR7』が好調に推移し、ハイレゾのニーズが高いことを実感した。2015年はモデルチェンジをした全シリーズにハイレゾモデルを投入する」と開発の背景を話した。

  • 左上から「AT120Eb/HSB」「AT150Sa」「AT100E/HSB」「AT95E/HSB」「AT95E」

 あわせて、VM型カートリッジ5モデル「AT150Sa」「AT120Eb/HSB」「AT95E」「AT100E/HSB」「AT95E/HSB」も発表。松下氏は「高解像度なハイレゾ音源に注目が集まる一方、アナログ・レコードも脚光を浴びている。カートリッジとハイレゾという、相反するように思える2つのモデルをバランスよく展開し、大きな強みとしていく」とした。

  • AT150Sa(税別価格:9万1000円)
  • AT120Eb/HSB(税別価格:2万7400円)
  • AT95E(税別価格:7400円)
  • AT100E/HSB(税別価格:1万3800円)
  • AT95E/HSB(税別価格:1万1800円)

発表会ではスペシャルゲストとしてピーター・バラカン氏(右)が登場し、音楽について、司会のサッシャ氏(左)とトークを繰り広げた
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集