logo

ヤマハ、ハイレゾのネットワーク再生もできるプリメインアンプ「R-N602」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月6日、ワイドFM/AMチューナ、D/Aコンバーターを搭載し、ハイレゾ音源に対応したプリメインアンプ「R-N602」を発表した。発売は10月下旬。税別価格は6万4800円となる。

 R-N602は、DSD 5.6MHzネイティブ、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitのハイレゾ音源に対応。ネットワーク機能を備え、PCやスマートフォン、タブレットなどネットワーク上の音楽再生が可能だ。Wi-FiとBluetooth機能も内蔵し、ワイヤレス再生にも対応している。

 定格出力70W×2(6オーム)の高音質ディスクリート構成パワーアンプを搭載、ローインピーダンス設計を徹底させた大容量パワーサプライの採用により、余裕あるスピーカ駆動が可能だ。トーン/ラウドネス/バランスの各コントロールと、後段バッファアンプをバイパスし、全入力での音質向上を実現する「ピュアダイレクトスイッチ」も装備した。

 最大192kHz/24bit対応の光、同軸デジタル音声入力を、計4系統装備。CD、BDプレーヤーのほか、テレビやビデオゲーム機、PCなどのデジタル音声出力を、音質劣化なく再生できる。アナログ音声入力は、アナログレコードプレーヤーを直接接続できるMMカートリッジ対応フォノ入力を含む計5系統を装備している。

 2015年秋より開始した、AM難聴取・災害対策のためのワイドFM/AM(FM補完)放送を受信できるワイドFM/AMチューナを装備。広範囲(76.0?94.9MHz)のFM受信に対応し、ノイズや電波障害によりAM放送が受信しにくい地域でも、AM局の放送番組をFM並みの高音質で聴取可能だ。

 サイズは高さ151mm×幅435mm×奥行き392mmで、重量は9.8kg。シルバーヘアライン仕上げのアルミフロントパネルには、使用頻度に応じて直径や奥行きを変えた3個のロータリーダイヤルと、音質およびバランス調整用の4個の矩形ノブを配置した。


「R-N602」

リアパネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集