logo

DMM VR THEATER、第1弾hideライブ本公演を10月23日から開始--全9曲のステージ

佐藤和也 (編集部)2015年10月05日 17時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜駅西口に常設しているライブホログラフィック専用エンタテイメント常設劇場「DMM VR THEATER」を運営するシアターVR有限責任事業組合は、同施設の第1弾公演となるX JAPANのギタリストでソロアーティストのhideを起用したホログラフィックライブ「hide crystal project presents RADIOSITY」の本公演を、10月23日から開始する。

  • キービジュアル

    (c)HEADWAX ORGANIZATION CO., LTD. (c)DMM.futureworks / hide crystal project

 この施設は世界で初めてとなるCG映像専用のエンタテイメント常設劇場。9月から開設され、先行公演限定ドキュメンタリー映像を含む 「hide crystal project presents RADIOSITY -prologue-」が上映されていた。ショーの一部のみを公開するプロローグ公演にもかかわらずオーディエンスが累計7000人以上が詰めかけ、ライブハウスさながらの盛り上がりを見せていたという。

 本公演ではショーの演出や内容などもプロローグ公演から刷新。「ピンク スパイダー」や「ROCKET DIVE」といった楽曲に加え、2014年に新曲としてリリースされた「子 ギャル」や「ever free」など、代表曲でありながらもオーディエンスを前に披露されたことがない曲を含む全9曲、約80分にもおよぶステージが予定されている。

 公演チケットは10月7日12時より、hideオフィシャルウェブサイトのほか特設サイトで先行販売を行うとしている。

-PR-企画特集