アイ・オー、ハイレゾ用NAS「fidata」--開発に3年、32万円から

加納恵 (編集部)2015年10月01日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「fidata HFAS1-S10/H40」シリーズ

 アイ・オー・データ機器は10月1日、ハイレゾ音源再生に対応したネットワークオーディオサーバ「HFAS1」を発表した。新ブランド「fidata(フィダータ)」シリーズとして展開する。

 発表されたのは、500GバイトのSSDを2つ搭載した1Tバイトモデル「HFAS1-S10」(税別価格:37万円)と、2TバイトHDDを2つ搭載した4Tバイト(ミラーリングで実効容量は2Tバイト)の「HFAS1-H40」(同:32万円)の2モデルになる。

  • 左から「fidata HFAS1-S10(SSD搭載モデル)/H40(HDD搭載モデル)」

 本体にはLAN端子、USB端子などを備え、ネットワークオーディオプレーヤーなどと接続して使用することが可能。WAV、MP3、WMA、M4A、M4B、OGG、FLAC、AAC、MP2、AC3、MPA、AIF、AIFF、DFF、DSFファイルの再生に対応する。

 高剛性フルメタルの筐体を採用し、底面には2.3mm厚のベース鋼板を使用。アルミE型押出しサイドフレームに4mm厚のアルミ材天板を用いることで、振動、ノイズ対策を施している。

 楽曲データの管理、送信、配信ソフトウェアにはPacketVideoの「Twonky Server7」を採用する。サイズは高さ64mm×幅350mm×奥行き350mmで、重量約7(HFAS1-S10は6)kg。

 アイ・オー・データ機器では、今回の開発に約3年を費やしたとのこと。石川県内の工場にて生産する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加