logo

Apple Watch初のメジャーアップデート「watchOS 2」公開--新しい文字盤など追加

坂本純子 (編集部)2015年09月22日 04時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月22日、Apple Watch用の初のメジャーアップデートとなる「watchOS 2」を公開した。当初、iOS 9とともに9月16日にリリース予定だったが、バグ修正のためとして延期されていた。

iPhoneの「watch」アプリからアップデートできる
iPhoneの「watch」アプリからアップデートできる

 watchOS 2では、新しい文字盤と時計機能が追加されている。香港やロンドン、マック湖、ニューヨーク、上海、パリのタイムラプスビデオに対応したほか、お気に入りの写真を表示し、手首を上げるたびに写真が変わるフォトアルバム、Live Photosをサポート。ナイトスタンドモードで、充電時のApple Watchを目覚まし時計として使用できるようになった。

 さらに、Siriの改善や友達とDigital Touchの機能の改善、マップ機能の改善、アクティベーションロックにより、Apple Watchのアクティベート時にApple IDとパスワードを要求して不正使用を防止する機能などが追加されている。

 アップデートは、iPhone上にある「watch」アプリから「一般」-「ソフトウェア・アップデート」を選び、ダウンロードする。なお、Apple WatchにwatchOS 2をダウンロードするには、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあること、充電器に接続されていること、50%以上充電されていることが条件となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]