東京ゲームショウ2015

「アイマス マストソングス」が12月10日発売--「デレステ」とイベントステージを実施

佐藤和也 (編集部)2015年09月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは9月19日、幕張メッセにて開催している東京ゲームショウ2015の主催者ステージにて、ステージイベント「アイドルマスター マストソングス 赤盤/青盤×アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ ゲームでバトルしちゃいM@S!」を開催。PS Vita向けに開発を進めている「THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤/青盤」(マストソングス)ならびに、配信中のスマートフォン向けリズムゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(スターライトステージ)に関する情報が公開された。

 まずマストソングの発売日が12月10日に決定したと発表した。価格はパッケージ版とダウンロード版ともに、税別で各5700円。本作は、リズムゲームシリーズ「太鼓の達人」とのコラボタイトル。10年分の名曲の数々を太鼓の達人のリズムゲームとして楽しめる内容となっている。

 赤盤はアイドルマスター初期の名曲を中心に、青盤は主に2010年以降に展開している「PROJECT IM@S 2nd VISION」の名曲を中心に、各40曲ずつかぶりなく収録。またパッケージイラストには新衣装のアイドルたちが描かれている。初回封入特典として、赤盤と青盤でデザインが異なるPS Vita用テーマがダウンロードできるコードが封入されている。なお公式サイトでは楽曲リストを公開したほか、マストソングス収録曲についてキャスト、作詞家、作曲家のインタビュー企画を展開するという。

  • 2パッケージ同時発売で、パッケージイラストは新衣装のアイドルたちが描かれている

  • 赤盤と青盤でデザインが異なるPS Vita用テーマが初回封入特典

 スターライトステージでは、10月に追加予定の新アイドルの一部について、シルエットとイニシャルが公開された。ちなみに青色のシルエットがF.S、赤色がK.S、黄色がK.Mとなっていた。

 このほか、テレビアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」のBlu-rayと、アイドルのグラビア撮影が楽しめるPS3用ソフト「グラビアフォーユー!」がセットになった「TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック」シリーズで、12月23日発売予定の「VOL.7」について、浴衣姿の渋谷凛をあしらったパッケージデザインであることを紹介。また、ソーシャルゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」では、ゲーム内で3rdLIVEツアー開催記念PVが配信されていることにも触れられた。

  • スターライトステージで、10月に追加が予定されている新アイドルのシルエット

  • 「TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック VOL.7」のパッケージデザイン

  • 「アイドルマスター ミリオンライブ!」におけるアニメPVの告知

 イベントでは、アイドルマスターシリーズの765プロより天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、四条貴音役の原由実さん、アイドルマスターシンデレラガールズより島村卯月役の大橋彩香さん、渋谷凛役の福原綾香さん、本田未央役の原紗友里さんの6人に加え、アイドルマスターシリーズの総合プロデューサーを務めるバンダイナムコエンターテインメントの坂上陽三氏が登場した。

 ステージでは765プロとシンデレラガールズのチームに分かれ、2タイトルのゲーム対決という形で、キャスト陣がデモプレイを披露。もっとも勝敗の基準がスコアではなく盛り上げ具合ということで、マストソングスを使ってのプレイでは今井さんが「arcadia」のプレイ中に突然歌い出したり、福原さんが「READY!!」でフルコンボを狙うなかで765プロの3人がダンスパフォーマンスを披露。

  • キャスト陣ともに坂上総合プロデューサーが登場すると、ウルトラオレンジと呼ばれるサイリウムを振るのがお約束となっている

  • 「arcadia」でいきなり歌い出す今井さん。ゲームは中村さんがフォロー

  • 福原さんのプレイ中に765プロの3人もダンスで盛り上げる

 スターライトステージを使ってのプレイでは、中村さんが「Star!!」で果敢にも最高難度の“MASTER”に挑むも、早い段階でライフゲージがゼロになってしまいゲームが終了する一幕もあれば、かなりプレイしているという大橋さんは「Shine!!」で2番目に難しい“PRO”に挑み見事にクリア。それぞれに見せ場を作っていた。さらにプレイしていなかった2人の原さんが、突如としてマストソングの「IDOL POWER RAINBOW」でボタンを2人で分けて一緒に挑戦。息の合ったプレイに会場は盛り上がっていた。ちなみにゲーム対決は引き分けとなった。

  • 中村さんの果敢な挑戦も、歌詞のフレーズにある“運命のドアを開ける”前に終了してしまう

  • 大橋さんの華麗なプレイにあわせるかのように、福原さんも原さんも会場を盛り上げていた

  • 2人の原さんが息の合ったプレイを披露した

 ミニライブコーナーではシンデレラガールズの3人が「GOIN'!!!」、765プロの3人が「自分REST@RT」、最後に6人で「THE IDOLM@STER 2nd mix」を披露。ライブ会場さながらのコールとサイリウムが振られ、熱気が渦巻いていた。

  • シンデレラガールズの3人による「GOIN'!!!」

  • 765プロの3人による「自分REST@RT」

  • 6人での「THE IDOLM@STER 2nd mix」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加