logo

Olasonic、テレビ用スピーカに新モデル--設置しやすい卵型スピーカ

加納恵 (編集部)2015年09月17日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東和電子は9月17日、Olasonicブランドのテレビ用スピーカ「TW-D9HDM」を発表した。放送で聞き取りづらい音をより聞き取りやすくする。発売は11月下旬。想定税込価格は3万110円になる。

 Olasonic独自の卵型デザインのセパレートタイプを採用。テレビの脇に設置ができ、テレビのスタンドが画面の邪魔にならず置くことができる。


「TW-D9HDM」

 スピーカ部と本体部から構成され、独自の「SCDS(Super Charged Drive System)」を採用し、最大24Wの出力を実現。小型ながら、落ち着いた低音と臨場感ある音場を再現するとしている。

 スピーカ部には60mmの「大型マグネットスピーカーユニット」と70mmの「プレッシャーボード付き大型パッシブラジエーター」、「大型ディフューザー」を設け、ドラマ、ニュースなど人の声をはっきりと聞き取りやすくした。

 Bluetoothに対応し、ワイヤレスでの音楽再生に対応するほか、NFCによるワンタッチ接続も実現。テレビとの接続はHDMIを使用し、テレビリモコンからの音量調節に対応する。光デジタル、ステレオミニ入力などを備え、テレビ以外の機器との接続も可能だ。

 サイズはスピーカ部が高さ162mm×幅113mm×奥行き117mm、本体部が高さ27mm×幅150mm×奥行き150mm。

  • 卵型ボディのスピーカ部

  • 本体部は高さ27mmの薄型

  • 本体部リアパネル

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集