logo

パイオニア、AVアンプLXシリーズ3機種--DTS:Xにもアップデート対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキョー&パイオニアは9月10日、パイオニアブランドより、Dolby AtmosやDTS:Xに対応したAVアンプLXシリーズ「SC-LX89/79/59」の3機種を発表した。発売は10月中旬。税別価格はLX89が39万5000円、LX79が29万5000円、LX59が21万円となる。


 LXシリーズは、パーツや回路を見直し、徹底したチューニングを施すことにより、音の深みと力強さが向上。LX89は810W、LX79は770W、LX59は720Wの全チャンネル同時ハイパワー出力を実現する、「ダイレクトエナジーHD(High fidelity class D)」アンプを搭載した。

 ダイレクトエナジーHDアンプ部には、新型カスタムコンデンサを採用し、力強く豊かな低音域再生を実現。プリアンプ部には「PML MUコンデンサー」やオペアンプ「NJM4585」に加え、全機種に「低ESRコンデンサー」、LX89に「シールドDC/DCコイル」を新たに採用するなど、S/Nの向上を図った。

 高精度自動音場補正技術「MCACC Pro」を搭載したほか、Dolby Atmosに対応し、DTS:Xにもファームウェアのアップデートにより対応。4K/60P/4:4:4映像信号の伝送と著作権保護規格HDCP 2.2に対応したHDMI端子を備え、HD画質を4K画質にアップスケーリングできる「Super Resolution」を搭載した。

 ハイレゾ音源再生にも対応し、FLAC/WAV/AIFF/Apple losslessに加え、WAV(USB 入力は192kHz/24bit)/FLAC(96kHz/24bit)やDSD(5.6MHz)の再生が可能。さらにLX89/79には、録音スタジオ「AIR Studios」が認定した音質チューニングを施している。

 Wi-Fi、Bluetooth機能を搭載し、対応機器のハイレゾ音源をワイヤレスで再生可能。「Wireless Direct」に対応しており、無線LAN環境がなくても専用アプリ「iControlAV5」を使って、対応機器の操作や音楽再生が可能だ。

  • 「SC-LX59」リアパネル

  • 「SC-LX79」リアパネル

  • 「SC-LX89」リアパネル

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集