Kickstarter

カチューシャ型のBluetooth骨伝導ヘッドホン「BATBAND」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年6月に実施された道路交通法改正の影響で、イヤホンで音楽を聴きながら自転車に乗ると安全運転義務違反に問われるようになった。もちろん、両耳をふさいで周囲の音に注意を払えないのは問題だ。しかし、流れる景色と風を感じながら音に包まれる幸せな気分は捨てがたい。

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の骨伝導ヘッドホン「BATBAND」は、もしかしたらそんな悩みを解決できるかもしれない。周囲の音と音楽を同時に聴けるうえ、Bluetooth対応なので何かと絡みやすいコードもなくせるから安全性が向上する。


カチューシャみたいな新しい形(出典:Kickstarter)

 BATBANDは、音楽など音の振動を頭蓋骨に与え、それを鼓膜に届かせることで音と認識させる骨伝導方式を採用。空気の振動で音を伝える一般的なヘッドホンやイヤホンと違って耳をふさがず、周囲の音を妨げない。しかも、騒音のある場所でもBATBANDの音はよく聞こえるので、ボリュームを大きくする必要がなく、これも外部の音と音楽の両立の助けになる。


音の振動を骨に伝える(出典:Kickstarter)

 カチューシャのような形をしており、左右と後ろの3カ所に設けられた振動子で音を骨に伝える。BATBANDの開発チームによると、従来の骨伝導ヘッドホンよりも高音質な音楽が楽しめるという。

 側面にタッチセンサが設けられており、これに触れることで音量の調整、曲の頭出しや早送りができる。マイクも内蔵しているので、ヘッドセットとして通話にも使える。


操作はタッチセンサで(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月28日まで。目標金額の15万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間9月10日11時)で約4万8000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加