「Apple Watch」のメジャーアップデート「watchOS 2.0」、米国時間9月16日に公開へ

Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年09月10日 07時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple Watch」がまもなく大幅に改良される。Appleは米国時間9月9日、Apple Watchに対する初のメジャーアップデート「watchOS 2.0」を9月16日にリリースすると発表した。

 Appleは、Apple Watch向けに現在、1万本を超えるアプリが提供されていることを明らかにした。また同社は、「Facebook Messenger」、「GoPro」、健康管理用の「AirStrip」など、WatchOS 2.0のリリースに伴って提供される新しいアプリも紹介した。

 WatchOSバージョン2.0では、多くのアプリケーションがネイティブで動く。それによって、アプリのパフォーマンスとロード時間が大幅に改善されるはずだとAppleは述べていた。また、開発者らは初めて、心拍数モニターなどのセンサにアクセスできるようになる。その他の機能としては、文字盤の新フェイス、「Nightstand」モード、スケジュールやアラーム、出来事を表示する「Time Travel」機能などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加