Android向けオフライン地図ナビアプリ「MapFan 2015」--買い切り型で100円から

坂本純子 (編集部)2015年09月07日 19時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インクリメントPは9月7日、最新地図データを搭載した買い切り型のAndroid向けオフライン地図ナビアプリ「MapFan 2015」を公開した。通常価格は3888円。

 2014年8月に発売した「MapFan 2014」の後継アプリだ。端末に地図データをダウンロードしておくと、地図表示・検索・ルート探索・音声付きナビをオフラインで使用でき、一度ダウンロードした地図はその後も追加料金不要で利用できる。ただし、地図データダウンロードおよびオンライン検索機能は、2017年3月末日まで。

 なお、MapFan 2014に登録したブックマークデータはMapFan 2015にもそのまま引き継げる。

 地図データは2015年8月時点の最新版を搭載している。春に開通した首都高速中央環状品川線大橋JCT(ジャンクション)~大井JCT、圏央道 神崎IC(インターチェンジ)~大栄JCT、常磐自動車道常磐富岡IC~浪江ICはもちろん、7月に開通にしたばかりの京都縦貫自動車道 丹波IC~京丹波わちICも収録している。

 リリースを記念し、9月7日から10月12日まで、特別価格にて提供する「オフライン地図大放出Wキャンペーン」を開催する。アプリ公開時、価格を通常価格3888円の97%OFFとなる100円にて提供開始。徐々に価格をカウントアップしていく。カウントアップは9月11日中に半額の1944円で停止し、10月12日までそのまま半額で提供する。価格の変更情報は、MapFan公式Twitterアカウント(@MapFan_iPC)で随時アナウンスしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加