logo

テレビ情報検索システム「MetaTV」と全録機「ガラポンTV」が連携システムを開発

加納恵 (編集部)2015年09月07日 18時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガラポンとビーマップは9月7日、テレビ情報検索システム「MetaTV」とテレビ全録機「ガラポンTV」の連携システムを共同開発し、営業を開始すると発表した。

 MetaTVは、テレビ番組で紹介された製品やサービスなどの情報をウェブサイト上で検索し閲覧できる法人向け会員サービス。自社に関連する製品やサービスが紹介された際に、どのような番組でどのような内容で紹介されたのかを知る目的で、広報部門やマーケティング部門で活用されている。

 しかし検索、閲覧できる情報は文字ベースのもので、テレビ番組の映像自体を視聴することができず、顧客企業からテレビ番組の映像を確認したいという要望があったとのこと。ガラポンTVとの共同開発により、番組映像も視聴できる連携システムを構築できたとしている。

 営業開始は9月7日。MetaTV基本料金は1IDで月額3万円。ガラポンTVと連携する場合は1IDにつき月額1万円が増額される。契約企業は別途ガラポンTVを自社内に設置する必要がある。1年で100社を営業目標としている。

-PR-企画特集