Nextbitの新スマホ「Robin」、Kickstarter目標額を1日で達成

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年09月02日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE GoogleとHTCに以前勤務していた幹部らが運営する新興企業Nextbitは米国時間9月1日、自社初のスマートフォン「Robin」に関してクラウドファンディングサイトKickstarterで開始したキャンペーンで、50万ドル分の製品を販売するというゴールを1日で達成した。同社は、100万ドルという目標額を達成した際にはすべての端末に急速充電器を無料で提供すると述べた。

 Nextbitの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるTom Moss氏は、「このプロジェクトに身も心も捧げてきた。しかし、すべてを秘密にし続けたため、世間の反応がどうなるか、本当に見当もついていなかった」と電子メールで述べた。

 Robinは、主要な機能としてクラウドストレージを使用する端末だ。Robinの内蔵ストレージは32Gバイトだが、クラウドにある合計100Gバイトのストレージが利用可能になっている。同端末は、しばらく使用していないアプリ、写真、ビデオなどのファイルを賢く判別してクラウドに転送し、内蔵ストレージに空容量を残す。

 Moss氏は、「これによって、クラウドでさらなることが可能だということを顧客が本当に信じており、変化を受け入れる準備ができているということが示された」と述べる。「また、新しい方法で端末を購入することを受け入れる準備もできたことになる」(Moss氏)

 Nextbitは、Kickstarterのキャンペーン期間を30日としているが、Robinが実際に出荷されるのは、2016年初旬となる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加