logo
Indiegogo

iPhoneを装着できる本格的なスピーカ内蔵エレキギター「Fusion Guitar」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本格的な仕様のソリッドギターにアンプとスピーカを搭載し、しかもiPhoneを装着可能な「Fusion Guitar」が、クラウドファンディングサービスIndiegogoに登場した。


ギターキッズが飛びつきそう(出典:Indiegogo)

 Fusion Guitarは、アンプとスピーカを内蔵するエレキギター。バッテリも搭載しており、電源やアンプのない場所で大きな音を出せる。しかも、ボディ上部にiPhoneをセットできるようになっていて、アプリでさまざまな機能を加えられる。


フルスケールの本格的なギター(出典:Indiegogo)

 iPhoneとFusion GuitarはLightningコネクタを介して接続しており、ピックアップで拾われた弦の振動はiPhoneのアンプシミュレータや仮想エフェクタといったアプリで加工できる。これによって、エレキギターらしい迫力のあるサウンドが作れる。演奏をiPhone上のレコーディングアプリで録音することも可能だ。


アンプシミュなどが使える(出典:Indiegogo)

 好きなアプリを動かせるので、演奏前にコードやスケールを確認したり、タブ譜を見ながら演奏したりできる。お気に入りの曲を再生してセッションするのもよい。もちろんiPhoneでインターネットに接続し、オンラインレッスンの受講や演奏の配信など、新しいスタイルでギターを楽しめる。


コードを忘れても安心(出典:Indiegogo)

 iPhoneを装着する部分は交換可能なドックになっており、Lightningコネクタを搭載する各種iPhoneとiPod touchが使える。標準ギタージャックも備えているので、普通のエレキギター同様アンプにつないで演奏することもできる。

 Indiegogoでの目標金額は6万ドル。記事執筆時点(日本時間9月1日16時)で約6000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集